2011年12月31日

民主党崩れに「きずな」と言われても…

 今まで被災地を見捨ててきたのに。

民主離党の9議員、新党名「きずな」で調整


民主党に離党届を提出した内山晃衆院議員ら9議員が結党する新党の名前を「きずな」とすることで調整していることが2011年12月31日明らかになった。1月3日にも会合を開いて党綱領や役員人事について詰めの協議を行い、翌1月4日に新党結成を総務省に届け出る方針。

代表には内山氏、幹事長は渡辺浩一郎氏がそれぞれ就任する方針。

内山氏らは12月28日、消費税率引き上げの方針に反発して民主党に離党届を提出していた。



 一年間大変お世話になりました。

 来年もよろしくお願いいたします。
posted by otoko-oya.管理人 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

数値基準がないということは、やる気がない

 単なるマヤカシ。

消費増税、景気悪化で停止も=低所得者に配慮、富裕層は増税


 政府・民主党が30日まとめた消費増税を含む社会保障と税の一体改革の原案は、消費税率引き上げ時に経済状況が著しく悪化した場合、増税を停止できる「景気条項」を盛り込んだ。党内の反対派から景気への悪影響を懸念する声が相次いだことに配慮した。また、低所得者ほど負担が増す「逆進性」の緩和策なども示した。
 消費税率は2014年4月1日に8%、15年10月1日に10%に2段階で引き上げる。原案の主なポイントをまとめた。

◇数値基準示さず

 景気条項は、経済状況を見て引き上げの停止を含めた措置を講じると消費増税の法案に明記する。党内にはデフレ下での増税に慎重論が多く、考慮する項目として名目・実質成長率のほか、当初案になかった物価動向を加えた。ただ、明確な数値基準は設定しなかった。

◇給付付き税額控除

 食料品や生活必需品などの税率を軽減する「複数税率」は見送り、単一税率を維持する。代わりに低所得者対策として、所得税を減税したり、現金を渡したりする「給付付き税額控除」を15年度以降に導入する。その前は暫定的に、簡素な給付措置を実施する。

◇最高税率45%

 原案は、富裕層に限って一定の負担を求めるとし、格差是正や所得の再分配機能の回復を目指す方針を示した。具体的には、所得税の最高税率を現行の40%から45%に引き上げ、課税所得5000万円超に15年分から適用する。

◇議員定数80削減

 政治・行政改革では、「議員定数削減や公務員総人件費削減など自ら身を切る改革を実施した上で、消費税引き上げを実施すべきだ」として、改革断行を強調した。衆院議員定数を80削減する法案の早期成立を目指すことを明記した。

◇来年10月から年金減額

 一方、社会保障改革では12年10月から年金を減額する。過去の物価下落時に、年金支給額を物価変動に合わせて減額せず据え置いたため、支給額が本来より2.5%高い。この分を14年度までの3年間で減額し、本来の支給水準に戻す。

 明確な数値を定めなければ、結局、見解の相違になってしまいます。

野党「名目成長率1%では消費税を増税すべきでない。」

民主党「1%でも、成長していることに変わりは無い。増税する。」

 こんな展開が見えてきます。

posted by otoko-oya.管理人 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

セコ過ぎる

 民主党らしい。

沖縄防衛局、評価書午前4時に持ち込む


 沖縄防衛局は28日午前4時すぎ、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた環境影響評価書の一部を4台の車両で県庁に搬送した。うち1台に、同局の真部朗沖縄防衛局長が乗っており、自ら陣頭指揮を執ったとみられる。真部局長は終始無言だった。
 分乗していた職員約20人がそれぞれ段ボール箱を一つづつ抱え、16箱を次々に県庁内の守衛室に運び込んだ。
 しかし同日午前1時から現場で警戒していた市民団体のメンバーが抗議し、報道陣が一連の行動を取材する中、評価書を入れた数箱の段ボール箱を車両に持ち帰った。
 同日午前7時現在、同局は残りの段ボール箱を県庁に搬送していないが、同日中に再度運び込む可能性もある。
 真部局長が乗った車両を含め3台は到着後約5分で現場を立ち去った。
 停車中、森田治男企画部長は報道陣の質問に答え、「箱の中味は(環境影響)評価書の書類が入っている」「20数個持ってきたが、まだ運び込んでいない箱がある」などと話した。数箱搬送していない状況で「提出」と受け止めるかについては明言しなかった。
 防衛局の職員らが評価書を運び込んだ当時、警備員1人だけで、県生活環境部の職員はいなかった。
 防衛局側が立ち去った後、上原徹管財課長ら職員数人が現場に到着。上原課長は段ボール箱が届けられているのを見て、印鑑の押印など所定の手続きがないため「文書の受け取りは完結していない」と話した。


「とりあえず既成事実を作ってしまえ」というところが民主党です。

 何なら、そば屋の出前に化けて、岡持に入れて運び込んではいかが。
posted by otoko-oya.管理人 at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。