2012年03月31日

離党はしない

 彼らの限界。

副大臣、政務官らが辞表=小沢系相次ぐ、消費増税に抗議


 民主党の小沢一郎元代表に近い黄川田徹総務副大臣、森裕子文部科学副大臣、牧義夫厚生労働副大臣、主浜了総務政務官の政務三役4人は30日夜、首相官邸を訪れ、消費増税関連法案の閣議決定に抗議するとして、秘書官を通じて野田佳彦首相に辞表を提出した。
 この後、牧氏は記者団に「デフレ状況下での増税は景気を収縮させる。政府の一員として国民に説明を続けることは困難だ」と理由を説明した。
 民主党内でも元代表に近い松崎哲久、横山北斗、中村哲治、階猛の4政調副会長が辞表を提出。鈴木克昌幹事長代理、樋高剛総括副幹事長も辞任の意向を固めた。鈴木氏は30日夜のBSフジの番組で「週明けになるが、改めて輿石東幹事長のところに行く」と述べ、近く辞表を提出する考えを明らかにした。
 さらに、石山敬貴、大谷啓、笠原多見子、木内孝胤、菅川洋、友近聡朗の各政調会長補佐も辞表を提出した。 
 小沢グループでは当初、閣議決定を受けて政務三役と党役員が一斉に辞任し、首相に圧力をかける案も検討したが、同日までの協議の結果、「議員個々人の判断に委ねる」(グループ幹部)ことにした。辞任の動きはさらに広がる可能性もある。


 一種のパフォーマンス。

 いろいろ理屈を付けて、最後は賛成に回るのでしょう。
posted by otoko-oya.管理人 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

代表が追い出されるのか?

党代表が少数派とは…。

国民新、分裂含みで緊張=亀井代表、下地氏らが応酬−消費増税


 消費増税関連法案の閣議決定を控え、国民新党で29日、緊張が一気に高まった。亀井静香代表は増税は連立合意違反として、連立政権からの離脱を決断。しかし、下地幹郎幹事長や自見庄三郎金融・郵政改革担当相は連立維持を求めており、所属国会議員8人の小政党は分裂含みの情勢だ。
 同党は29日夜、党本部に亀井氏を含む7人が集まり、消費増税法案への対応について最終調整。この後、亀井氏は「代表として(連立離脱を)決断した」と記者団に宣言すると、首相公邸に乗り込み、野田佳彦首相との会談に臨んだ。一方、下地氏らは党本部に残って協議を継続。会合を抜けた森田高総務政務官は「まとまった方針というのは正直なかなかきつい」と述べ、党分裂もあるとの認識を示した。
 亀井氏は、石原慎太郎東京都知事を党首とする新党の結成を目指しており、それが強硬姿勢を続ける要因になっていると指摘される。これに対し、下地氏らには、連立離脱すれば存在感が一層低下するとの危機感が強い。下地、自見両氏ら5人は同日朝の会合で、少なくとも国民新党が最重視する郵政民営化法改正案の成立までは与党にとどまるべきだとの考えで一致した。
 こうした国民新党の「内紛」に、民主党は冷ややかだ。輿石東幹事長は記者会見で「こちらから口を利いたからどうにかなるという話じゃない」と、調整を見守る姿勢を強調。首相を支持するグループが開いた会合では、自見氏は30日の閣議で署名するとの見方で一致した。
 民主党にとっては、野党多数の参院では自民党か公明党の協力がなければ消費増税法案を成立させることはできず、与党の現有勢力では衆院での再可決も不可能だ。衆参いずれでも国民新党はキャスチングボートを握っておらず、輿石氏らは、連立離脱となっても政権運営に与える影響は限定的と判断しているとみられる。
 それでも離脱した場合、野田政権の基盤が弱体化することには変わりない。民主党内でも小沢一郎元代表の周辺で、小沢グループに所属する政務三役の集団辞任論が検討されている。元代表は29日、自らが主宰する勉強会で「あしたから非常に厳しい場面が生じてくるのではないか」と語り、与党内の混乱にもかかわらず閣議決定に突き進む首相をけん制した。

 国民新党所属の国会議員8人のうち、連立離脱に同意しているのは亀井亜紀子氏のみとか…。

 代表が党から追い出される日も近い?
posted by otoko-oya.管理人 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

議論を打ち切るヤツ、そもそも議論できないヤツ

 どっちもどっち。

議論打ち切りの前原氏を批判=民主・鳩山氏


 民主党の鳩山由紀夫元首相は29日、衆院議員会館で開いた鳩山グループの会合で、前原誠司政調会長が消費増税関連法案の事前審査を打ち切ったことについて、「かなりしこり(が残る)というか、将来が非常に不安になる」と批判した。
 また、鳩山氏は「まっとうな政策の議論が大連立などという政局と結び付けて語られるきらいがあり、大変危ない話だ」と語り、自民党との連携を模索する岡田克也副総理らの動きをけん制した。

 鳩ポッポは「辺野古移転は最低でも県外」などと、成算も無いのに突然宣言したりと、議論以前の問題でした。

 民主党は話し合って何かを決めるというより、それぞれがやりたいようにやる人たちばかりです。
posted by otoko-oya.管理人 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。