2013年05月31日

オマエらが余計なことをしなければ…

 こんな苦労をすることはなかったんだよ!

TPP「脱退辞さず」=民主が参院選公約案


 民主党は30日の経済連携プロジェクト・チーム(座長・玄葉光一郎前外相)の総会で、参院選の環太平洋連携協定(TPP)に関する公約について、「国益を確保できない場合は、脱退も辞さない厳しい姿勢で臨む」とする案を決めた。TPPをめぐり党内には推進論と慎重論があることから、交渉参加の是非には触れなかった。
 公約は「高いレベルの経済連携を推進し、世界におけるルール作りを主導する」として経済連携協定一般に前向きな立場を表明。TPPに関しては(1)コメなど重要5品目の関税で十分な例外措置を確保(2)工業製品や知的財産分野などでのメリットを確保−などとした。

 あの空き菅を除名してから言え。
posted by otoko-oya.管理人 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

全くやる必要なし

 現に、何も問題は起きていない。

日中韓会談見送りやむなし=拉致解決「楽観できぬ」−谷内内閣官房参与


 谷内正太郎内閣官房参与は30日午後、都内で開かれたシンポジウムで、5月下旬で検討されていた日中韓首脳会談が見送られたことについて「会ったら良い成果が出たかというと、これまた厳しいものがあったのではないか」と述べ、やむを得ないとの考えを示した。
 谷内氏は「お互いに頭を冷やし、静かに首脳同士が未来を考えるところまで時間を置いた方がいい」と指摘した。
 また、谷内氏は北朝鮮問題について「(安倍晋三)首相が行くときは『これで全て解決した』ということだ」と述べ、拉致問題の全面解決が前提となるとの認識を示すとともに、「そういう状況がいつできるかは楽観できない」と語った。

 韓国がアメリカと距離を置きシナに接近していることで、その存在意義は小さくなりました。

 去る者は追わず、生暖かく見守りましょう。(見てるだけですからね。手を出してはいけません。)
posted by otoko-oya.管理人 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政党ロンダリング

 民主党の存在意義無し。

民主、離党の高井氏推薦=参院岡山


 民主党は28日の常任幹事会で、夏の参院選で岡山選挙区(改選数1)から無所属で立候補する元同党衆院議員の高井崇志氏の推薦を決めた。高井氏は昨年末の衆院選で落選した。参院選出馬を決めたことを受け、非自民勢力の結集を目指すとして民主党を離党した。

 民主党は解散して、「無所属の会」でもつくったら如何?
posted by otoko-oya.管理人 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。