2012年04月02日

とにかく、増税できればいい民主党

 過程はどうでもいい?

消費税法案、衆院で修正=岡田氏−自民「小沢切りなら賛成も」


 岡田克也副総理は1日のNHKの番組で、政府が国会に提出した消費増税関連法案の成立に野党の協力を要請、衆院での採決前に法案修正に積極的に応じる考えを示した。これに対し、自民党の谷垣禎一総裁は、法案の内容は不十分だとして現段階では反対する方針を明言。同党の石原伸晃幹事長は、野田佳彦首相が消費増税に反対する民主党の小沢一郎元代表を排除すれば賛成することもあり得ると表明した。
 岡田氏は法案について「野党、特に自民党の賛成がなければ参院で通らない。衆院段階で、野党の意見も入れて合意形成していくことが非常に重要だ」と強調。「いろんな形で野党に協力のお願いをしていかなければいけない」と、首相との党首会談を含め、野党側に協議を呼び掛けていく考えを示した。
 一方、谷垣氏は「低所得者対策の中身がしっかり出来上がっていない。財政再建もどう進めていくのか」と法案の問題点を指摘。「本当に生煮えの案だ。今このままでは賛成するという選択肢はあり得ない」と述べた。同時に「国民に信を問う、解散して方向を決めていく覚悟があるのかを首相に問いたい」と、早期の衆院解散を改めて求めた。
 法案の審議入りに当たっては、衆院小選挙区の1票の格差是正や、郵政民営化法改正案の処理を優先すべきだと主張した。 
 これに関し、石原氏は奈良市内での党の会合で「野田首相が『小沢氏を切るから協力してください』と言ってくれば、そして輿石東幹事長が『民主党内をこの線でまとめる』と約束すれば、自民党が賛成して成立する芽が出てくる」と語った。
 公明党の山口那津男代表は、首相が呼び掛ける与野党協議について「今の段階では環境は整っていない」と否定的な見解を表明。協議の前提として、年金抜本改革案を含む社会保障改革の全体像の明示や、民主党が掲げる最低保障年金の撤回などを挙げた。

 増税さえ出来れば何でもいい民主党。

 おそらく、自民党に対案を出させ、それを丸呑みしてでも増税法案を通す腹でしょう。

 ならば、修正案には「名目3%、実質2%」の数値目標を入れるべきです。

 さて、それでも呑めるかな?
posted by otoko-oya.管理人 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261728072

この記事へのトラックバック

原発稼働ゼロも選択肢=今夏の電力ピーク時―野田首相
Excerpt:  【ワシントン時事】野田佳彦首相は4月30日夜、同行記者団に対し、北海道電力泊原発3号機が今月5日に停止することに伴い、国内の運転中の原発がゼロになることに関し「(原発再稼働に)全く理解いただけない...
Weblog: ヤフコメログ - Yahoo!ニュースコメント
Tracked: 2012-05-01 18:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。