2012年04月24日

シナに善意無し

 シナとの友好など、幻想に過ぎない。

「善意あれば解決できる」=尖閣問題で日本に注文−中国副主席


 中国の習近平国家副主席は24日、日本国際貿易促進協会会長として代表団を率いて訪中した河野洋平前衆院議長と北京の人民大会堂で会談した。代表団によると、習副主席は日中関係について「相手にとって核心的な問題は適切に処理すべきだ。善意と友好の気持ちがあれば、問題を解決できる」と述べた。
 石原慎太郎東京都知事が尖閣諸島を都で買い取る方針を示したことを念頭に置いた発言とみられる。習氏は「コントロールできないようになってはならない。双方が努力すべきだ」と述べ、問題をエスカレートさせないよう注文を付けた。
 河野氏は「野田佳彦首相が昨年末の訪中で、東シナ海を平和、協力、友好の海にすることで合意した。日本政府はこの方針を守り、努力していくだろう」と応じた。 
 河野氏はまた、習氏が秋の共産党大会で総書記を引き継ぐことや、重慶市トップだった薄熙来氏の失脚を念頭に「今年は世界の主要国のリーダーが交代する。こういう時期は政治の安定が求められる。そのことが経済・社会の発展につながってほしい」と言及したが、返答はなかったという。

 シナにとって善意とは、相手が服従している状態をいいます。

 要するに、自治区という名の植民地になれということです。
posted by otoko-oya.管理人 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【尖閣購入】尖閣購入に? 習近平氏、河野洋平氏の訪中団と会談「制御不能になっては…」
Excerpt: 1 :おばさんと呼ばれた日φ ★:2012/04/24(火) 21:46:23.79 ID:???0 中国の習近平国家副主席は24日、北京の人民大会堂で、日本国際貿易促進協会の訪中団(団長=河野洋平..
Weblog: 何これニュース【2ちゃんねる-ニュー速+のまとめ】
Tracked: 2012-04-25 00:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。