2012年06月03日

たとえ交代しても徹底追及せよ

 ここでの内閣改造は、トカゲの尻尾切り。

再会談は物別れ=野田首相、4日に内閣改造−消費増税反対を明言・小沢氏


 野田佳彦首相は3日、民主党本部で小沢一郎元代表と会談した。消費増税関連法案の成立に向け、自民党との修正協議に入る方針を示し、小沢氏の協力を改めて要請した。しかし、小沢氏は反対を明言し、物別れに終わった。自民党の軟化を促す狙いから、首相は参院で問責決議を受けた前田武志国土交通相と田中直紀防衛相の交代を含む内閣改造を4日に断行する意向を伝達。消費税政局は重大な転機を迎えた。
 首相と小沢氏の再会談は約1時間に及び、輿石東幹事長が5月30日の会談に続いて同席した。首相はこの後、記者団に対し、「(小沢氏の)賛同を得られなかったが、自民党との協議を進めさせていただくと申し上げた」と強調。4日に改造に踏み切る意向を表明し、「これから規模、人選を考える。(目的は)内閣の機能強化だ」と述べた。
 小沢氏も記者団の質問に答え、「大増税が先行しては、国民は納得しないのではないか。前回と同じ平行線になった」と語った。法案への賛否については「賛成できないというのは、反対だということだ」と明言した。
 国会会期末が21日に迫り、外交日程を踏まえて、首相は15日までに法案を衆院で採決する意向。これに関して、輿石氏は記者団に「会期内に採決しなければ成立しないのだから、その方向で行く」と述べ、首相の方針を容認する意向を明らかにした。ただ、「修正協議を見極めずにいつ採決すると言う方が失礼だ」とも語った。 
 自民党は関連法案の修正をめぐり、民主党が2009年マニフェスト(政権公約)で掲げた最低保障年金の撤回や、後期高齢者医療制度廃止の取り下げなどを要求している。ただ、これらの公約見直しには、民主党内で小沢氏を支持する勢力以外にも異論があり、同党と自民党との修正協議がスタートしても、協議が調うかどうかは不透明だ。
 一方、内閣改造に関して政府・民主党では、問責2閣僚に加えて、在日中国大使館1等書記官への農林水産省の機密情報漏えい疑惑の監督責任を問われている鹿野道彦農水相、国会で競馬サイトを閲覧していたことを自民党に追及された小川敏夫法相の交代を求める声も出ている。

 野党との協議を進めるために問責2閣僚を交代させるというより、鹿野道彦農水相を内閣から外すのが目的でしょう。

 機密情報漏えい疑惑の監督責任どころか、本人が積極的に関与していた疑いもある。

 こんな人物を抱えていては、法案審議どころではありません。

 とはいえ、仮に閣外に去ったとしても免責になるわけも無く、ここは国会の場で徹底的に追求してほしいものです。

 もちろん、公安に逮捕してもらうのがベストですが…。
posted by otoko-oya.管理人 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【民主党】野田佳彦首相、内閣改造の意向表明 問責2閣僚の交代を反対していた輿石東幹事長が記者団に明らかに
Excerpt: 1 :春デブリφ ★:2012/06/03(日) 13:07:17.73 ID:???0 ★首相、内閣改造の意向表明 輿石氏は了承野田佳彦首相は3日午前の民主党の小沢一郎元代表との会談で、内閣改造を断..
Weblog: 話題の2ちゃんねるニュース
Tracked: 2012-06-03 20:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。