2012年11月23日

公明党とは決別でOK

 自民党単独で政権奪取を。

公明、「安倍カラー」に反発=民主は分断狙う【12衆院選】


 公明党の山口那津男代表は22日、自民党の安倍晋三総裁の持論を色濃く反映した同党の衆院選公約に反発した。憲法への「国防軍」明記など、「右寄り」の姿勢は、平和を旗印とする公明党とは相いれないからだ。民主党は、自公両党の間にくさびを打ち込み、選挙協力態勢を揺さぶろうとうかがっている。
 「長年定着した自衛隊という名称をことさら変える必要性は今はない」。山口氏は22日午後、記者団から「国防軍」の是非について見解を問われると、語気を強めた。さらに、自民党公約に盛られた教育制度改革について「今の枠組みは尊重すべきだ」とばっさり。日銀法改正も「必ずしも必要とは考えていない」と述べ、「安倍カラー」の政策に軒並み「ノー」を突き付けた。
 前回衆院選で小選挙区全敗という苦杯をなめた公明党は、今回も自民党との選挙協力を続け、巻き返しを期す。ただ、支持母体である創価学会には、安倍氏の打ち出す保守色への抵抗感が強い。山口氏としても早めにクギを刺す必要があった。
 9月の自民党執行部交代に伴い、自公両党のパイプは細りつつある。安倍執行部では、大島理森前副総裁のような両党の意思疎通に心を砕く幹部は見当たらない。公明党内では「こちらの意向がスムーズに伝わらなくなっている」(ベテラン)との懸念が出ている。
 一方、民主党は選挙戦の争点として「国防軍」を積極的に取り上げていくことで、自公両党を分断し、小選挙区での戦いを有利に進めたい考え。22日のテレビ朝日の番組で、公明党の井上義久幹事長が「今、あえて国防軍にしなければならない理由はない」と難色を示すと、民主党の安住淳幹事長代行はすかさず「公明党は、ある意味で私たちと同じだ」と同調し、「争点になっていく、いや、しなければならない」と強調した。

 公明党との連携は、確かに選挙対策としては有利だったかもしれません。

 しかし政策の実行に当たっては、カルト創価学会の悪影響を否定すべくもありません。

 この際、公明党と決別しても良いのではないでしょうか。
posted by otoko-oya.管理人 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

自民党「自衛隊を国防軍に変えようぜwww」 公明党「そういうの、もういいから・・・」
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/23(金) 15:07:22.82 ID:3CkjpYNN0 ?PLT(12000) ポイント特典公明党の山口代表は22日、自民党..
Weblog: 【2ch】ニュース速報嫌儲版
Tracked: 2012-11-23 21:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。