2013年02月03日

最初は様子見

 いきなり本題には入れないでしょう。

埋め立て、訪米前は申請せず=普天間移設は平行線−安倍首相、仲井真沖縄知事が会談


 安倍晋三首相は2日、沖縄県の仲井真弘多知事と那覇市内のホテルで約1時間会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題などをめぐり意見交換した。この後、首相は記者団に対し、移設先の同県名護市辺野古沿岸部の埋め立てを今月後半の訪米前に知事に申請する可能性について「考えていない」と否定した。
 会談で知事は「県民には県外(移設)という強い願いがある。願いに沿う形で解決してもらえればありがたい」と、普天間の県外移設を要求。首相は「普天間の固定化は絶対あってはならないので、米国との合意の中で進めていきたい」と、県内を移設先とする政府の方針に理解を求め、平行線に終わった。ただ、首相は「まずは信頼関係構築から始めたい」として埋め立て申請には言及しなかった。
 知事は同飛行場への垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ配備について「県民の不安感の払拭(ふっしょく)に力を入れてもらえればありがたい」と要請。首相は「不安払拭に意を尽くしたい。訓練などを県外に移すことにも努力したい」と応じた。 
 また、米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)以南の米軍5施設・区域の返還に関し、知事が「なかなか実行に移されない」と不満を示したのに対し、首相は「計画作成を加速させる」と約束した。首相は2013年度の沖縄振興予算を前年度を上回る3000億円超としたことも説明した。
 首相の沖縄県訪問は、第2次安倍内閣発足後初めて。会談には、山本一太沖縄担当相、世耕弘成官房副長官らも同席したが、首相側の要望により、後半の約30分間は首相と知事の2人だけで行われた。
 会談後、首相は宜野湾市の高台から、オスプレイが駐機する普天間飛行場を双眼鏡で視察。説明に当たった佐喜真淳宜野湾市長に「移設に向けて全力を挙げて取り組まなければならないと再認識した」と強調した。

 ここでも参院選後を見据えた布石ですね。

 会談を積み重ねた上で、本音を語れる信頼関係を作っていく。

 振り上げた拳はメンツを失わずに下ろすことが出来れば、知事も辺野古移転に反対しないと思います。
posted by otoko-oya.管理人 at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
沖縄のオスプレイの一部を尖閣諸島に配備するよう、日本政府は米国に要望してもらいたい。
沖縄の負担が少しは解消されかつ、尖閣諸島の防衛ができて、一石二鳥。
執拗な領空侵犯及び領海侵犯をして、中国共産党は尖閣諸島を自国の領土にしようと決めていることは明らか。
Posted by うなぎ at 2013年02月04日 15:57
 シナ・朝鮮の連中は、「ウソも百回言えば、ホントになる」と信じていますから、領空・領海侵犯を繰り返し、「自国の領土だから立ち入るのは当然」と言い張るでしょう。

 尖閣には何らかの形で、こちら側が常駐しなければなりません。
Posted by otoko-oya.管理人 at 2013年02月04日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。