2013年04月05日

民主党が負けたからだろ

 違憲状態は今始まったことではない。

次期衆院選でも提訴へ=「1票の格差」で弁護士グループ


 2012年衆院選の「1票の格差」訴訟で原告となっている弁護士グループが5日、東京都内で記者会見し、16年までに行われる次期衆院選について、全300選挙区を対象に選挙無効を求める訴訟を起こす方針を明らかにした。同グループは今夏の参院選後にも、全選挙区の無効を求める訴訟を起こすことを決めている。 
 12年衆院選をめぐる高裁・高裁支部の判決は、無効とした2件を含め、16件全てが「違憲」または「違憲状態」とした。久保利英明弁護士は「計48人の高裁判事全員が憲法違反と言っている。最高裁がどんな判決を書くか大体見えるので、今後のスケジュールを組んだ」と話した。

 選挙をやり直せば民主党が勝てると考えているなら甘い。

 やればやるほど、民主党は議席を減らし、やがて消滅する。
posted by otoko-oya.管理人 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。