2013年04月06日

衆参同時選挙か?

「0増5減」実施後、すぐに?

憲法で公明と連立解消も=自民政調会長「国家観で再編」


 自民党の高市早苗政調会長は6日、読売テレビの番組で、憲法改正の発議要件を緩和するための96条改正に公明党内で慎重論が強いことに関し、「憲法は国家観に関わることだ。常に選挙の争点になるべきで、国家観による政界再編が最後の正しい姿だと思っている」と述べた。
 自民党は、改憲発議要件を定めた96条を見直し、衆参両院で総議員の「3分の2以上」の賛成から「過半数」に引き下げることを目指している。高市氏の発言は、公明党が改正反対を明確にした場合、連立解消もあり得るとの考えを示したもので、波紋を広げそうだ。 
 高市氏は、夏の参院選公約にも憲法改正を明記する方針を強調し、「私たちは絶対何が何でもこれをやり抜く」と語った。

 公明党と連立している限り、改憲発議要件の見直しは難しいでしょう。

 そうなると、自民単独で3分の2以上を取らなくては、という話になります。

 衆参ダブル、可能性ありますね。
posted by otoko-oya.管理人 at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
憲法改正に反対の公明党と連立を組まなくとも良いように、参議院選を闘ってもらいたい。
Posted by うなぎ at 2013年04月06日 14:59
 同感です。

 憲法問題だけでなく、公明党と連立しているために「足して2で割る」がごとき妥協をする場面が多々ありました。

 このような状態から、一刻も早く抜け出さなくてはなりません。
Posted by otoko-oya.管理人 at 2013年04月06日 15:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/354137627

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。