2013年05月03日

国民を信用しないのか

 議員だけで変えるわけじゃない。

自・維・み、96条改正に賛成=民主、反対で意見集約へ


 憲法記念日の3日、与野党はNHKの番組で、安倍晋三首相が意欲を示す憲法改正をめぐって論議した。改憲の発議要件を緩和するための96条改正について、自民党、日本維新の会、みんなの党などが推進する立場を表明した。
 自民党の中谷元・憲法改正推進本部事務局長は「国民に判断の機会を与える(べきだ)」として、96条を改正し、改憲発議に必要な賛成を衆参の3分の2以上から過半数に引き下げるべきだとの考えを示した。9条に関しても、「国防軍」を明記するよう主張した。
 維新とみんなの両党も96条改正に賛意を示した。また、維新の浅田均政調会長は改憲によって、道州制や首相公選制の導入を目指す考えを示した。
 一方、民主党の前川清成・憲法調査会事務局長は96条に関し「たった2分の1の賛成で憲法を変えてはならない」と明言。反対の方向で党内の意見集約を図る考えを示した。
 公明党の北側一雄・憲法調査会長は「3分の2には必ずしもこだわらないが、『硬性憲法』の性格は維持すべきだ。先に96条をやろうというのはどうかなと思う」と述べ、先行改正に慎重な考えを強調した。

 民主・公明は憲法を変えさせないという立場です。

 そのためには国民に選択の余地を与えない。

 改正の判断を議員のみが握っているというのは、むしろ傲慢ではないでしょうか。
posted by otoko-oya.管理人 at 18:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
憲法で削除すべき条項としては例えば18条、「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない」がある。わが国に奴隷など存在したことがない。にも拘わらず、突然、奴隷が日本国憲法に登場するのはまさにアメリカの価値観ゆえだ。米国は奴隷解放を巡って南北戦争を戦い、リンカーンが有名なゲティスバーグ演説をした。奴隷という表現はその演説に由来しているのである。
Posted by うなぎ at 2013年05月03日 21:01
 色々見直さなければならない点はあると思いますが、まずは手続の改正。

 中身の話になると各党まとまるのは難しいですが、96条なら改憲の意思がある政党は乗ってくるでしょう。

 本番は参院選の後です。
Posted by otoko-oya.管理人 at 2013年05月03日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。