2013年05月17日

公人というものが分かっていない

 政治家は公私一体。

松井知事、橋下氏慰安婦発言「党としてのものではない」


 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長の慰安婦制度をめぐる発言について、幹事長の松井一郎大阪府知事は16日、「党として意思決定したものではなく、橋下徹という政治家の考え方だ」と述べ、橋下氏個人としての発言であることを強調した。府庁で記者団の質問に答えた。

 また、大阪都構想を進める維新と協調関係にある公明党から協力を得られなくなる可能性については「(都構想の賛成に)了解してもらったから昨年の衆院選で支援した。話はついている」と述べ、関係は揺らがないとの見方を示した。

 民主党によくあるパターンですが、個人の見解と言えば許されると思っているのでしょうか。

 党代表として行動するときは、全く別の人間になるとでも?
posted by otoko-oya.管理人 at 08:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
‘泰平の眠りをさます上喜撰 (蒸気船) たった四杯で夜も寝られず’
無哲学・能天気の輩には、大変な世の中になっている。

>日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は14日、在日米軍海兵隊幹部に風俗業者を活用するよう促し拒否されたことについて「だいたい、米国はずるい。一貫して公娼制度を否定するが、日本の法律で認められた風俗業を利用することに何ら問題はない」とツイッターに書き込んだ。

橋下徹大阪市長は理想 (非現実) に向かうのか、それとも現実の中に埋没するのか。
‘我々は、どこから来たか’、’我々は、何者であるか’、’我々は、どこに向かうか’ を考えるのが、英米人の教養である。
年中行事を繰り返して、何も変わらないのが、日本人の求める天下泰平の世の中である。
今の地球は英米の世の中。国際社会で日本人の態度が場違いであることが明らかになる。

>同時に「人間の性的な欲求解消策について、真正面から認めるのか、そこに目をつむるのかだ」と提示。「風俗業を活用したからといって、沖縄での米兵の性的事件が収まるかは分からない。建前論はやめてくれ」と投げかけた。

現実を直視することも必要、理想 (非現実) を求めることも必要。理想を基準にとって現実に善悪の判断を下して、日常の舵を取る。これは、思慮ある人の行いである。
建前 (規則) と本音 (恣意) の世の中は、未来 (理想) の世界につながっていない。我が国には何でもあるが、ただ、夢と希望が存在しない。

>第二次大戦中の慰安婦制度に関しては「人間、特に男に、性的な欲求を解消する策が必要なことは厳然たる事実」とし、あらためて慰安婦は必要だったとの考えを表明した。

事実・現実をのみを述べて、それでこれからどうする。

>さらに「今の視点で良いか悪いかと言われれば、良いことだとは言えない。ただ、世界各国を見れば、軍人の性的欲求の解消策が存在したのは事実」と強調した。

良いことを推進し、良くないことを抑制するのが人の一生の務めである。政治家とて、これは同じこと。
現実しか知らない子供にとどまるか。哲学を持つ大人に育つか。それが、日本人の問題である。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/


Posted by noga at 2013年05月17日 09:12
 本音が別にあることを誰もが知っていたとしても、あえて建前を通さなければ収まらないこともあります。

 橋下氏はそれが理解できないのでしょう。
Posted by otoko-oya.管理人 at 2013年05月17日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/361685106

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。