2013年07月18日

小沢民に引導を

 売国奴とは決別すべき。

参院選 「小沢王国」攻防、党首被災地入りも「被災者置き去り」冷めた声


 参院選投開票まであと3日と迫った18日、自民党総裁の安倍晋三首相(58)と生活の党の小沢一郎代表(71)が岩手県内の被災地に入った。岩手選挙区は小沢氏が長年影響力を誇示してきた「小沢王国」だったが、小沢氏の威光は陰りを見せており、自民は議席奪還に向け、首相自らが乗り込んだ。過去最多の6人が1議席を争う混戦模様で選挙戦は過熱する一方だが、復興を一票に託す有権者からは「被災地が置き去りにされている」と冷めた声も漏れていた。

 東日本大震災で津波被害を受けた岩手県沿岸部の宮古市。未明から降り出した雨の中、小沢氏は午前8時すぎからJR宮古駅前に立ち、支持を訴えた。だが、小沢氏の口から「復興」の具体策が語られることはなく、小沢氏を長年支持してきた酒店店主、三上正一さん(64)は「復興について話しても票にならないのかな」とつぶやいた。

 被災地では集団移転に伴う用地買収など課題が山積している。市内の仮設住宅で暮らす会社員、鈴木長星(ちょうせい)さん(59)は「政治の力で復興を優先してもらいたいが、希望する高台移転もなかなか進まない」と嘆く。別の仮設住宅に住む漁師の畠山俊雄さん(59)は「政治家は本当に私たちのことを考えているのだろうか」と話した。

 生活は新人、関根敏伸氏(57)を擁立したが、「選挙の小沢」と言われた“神通力”も今は昔だ。小沢氏の地元入りは公示後2回目だが、厳しい戦いを強いられている。

 昨年の衆院選に小沢氏が所属していた日本未来の党から岩手で出馬した4候補のうち、選挙区で当選したのは小沢氏本人のみだった。古巣の民主党からは新人の吉田晴美氏(41)が出馬。小沢氏とたもとを分かった現職の平野達男氏(59)は民主を離れ、無所属で3選に挑む。かつて小沢氏の下で結束していた勢力が3つに分裂した形だ。こうした構図に「支持者が分散する」(吉田氏陣営幹部)との危機感も強い。

 これに対し、新人の田中真一氏(46)を擁立した自民党は「今までは『参加することに意義がある』だったが、小沢票が3つに割れた今回は違う」(田中氏陣営関係者)と鼻息も荒い。平成7年に推薦候補が敗れて以来6連敗中だが、安倍政権の高い支持率を追い風に「王国」の牙城を一気に切り崩す構えだ。

 午後1時40分すぎ、仮設店舗で営業している大船渡市の「おおふなと夢商店街」に安倍首相が姿を現し、被災者らと握手を交わした。ただ、鮮魚店を営む上野英明さん(62)は「政党の争いが目立ち、被災地が置き去りにされている印象がある」と選挙戦にいらだちを隠せない。

 岩手県内では、公営住宅や民間の賃貸住宅を借り上げる「みなし仮設」を含め6月末現在で、3万6806人が今も仮設住宅で不自由な生活を送っている。同市内の会社員、藤野幸枝さん(53)は「いつまで仮設の状態が続くのか。被災地の景気を立て直してくれる人に一票を投じたい」と話した。

 放射能が怖くて行方をくらましていたヤツに何を期待するのか。
posted by otoko-oya.管理人 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

シナが嫌がるなら、正しいことだ

 何て分かり易い。

中国メディア「票集めの宣伝」=安倍首相の石垣訪問


 安倍晋三首相による17日の沖縄県・石垣、宮古両島の訪問について中国メディアは、両島が尖閣諸島(中国名・釣魚島)に近いことから関心を強めている。国営中央テレビは、21日の参院選を控えた「票集めのためのキャンペーン」との見方を示し、「選挙戦開始以来、安倍氏は一貫して日本の領土・領海を守るという強硬姿勢を自分の宣伝に使ってきた」と冷ややかに伝えた。
 同テレビはこの日、安倍首相の石垣島訪問などを繰り返し報道。「中日の釣魚島をめぐる対立の中で、日本にとって石垣、宮古両島は前線であり、その地位は非常に重要だ」と指摘。安倍氏が1972年に沖縄が本土復帰して以降、現職首相として初めて石垣島を訪問したのは「領土問題では退かないという対決姿勢を鮮明に伝えたものだ」と警戒感も示した。
 また華僑向け通信社・中国新聞社は17日、石垣島で海上保安部を激励した際に「領土を断固守り抜く」とした安倍首相の発言は、「中国向けのメッセージだ」との日本の外務省幹部の話を紹介。さらに「参院選後も(尖閣問題をめぐる)日本の方針に変化がないことを意味している」と解説した。 
 一方、インターネット上では「中国は遅かれ早かれ日本と一戦を交える」「中国外務省は『違法、無効』と言うべきだ」などと強硬な意見が相次いでいる。

「日本の領土・領海を守る」のは当たり前。シナは何を言ってるんだ、意味分からん。

 ただ単に票を集めるためなら、島には行きません。

 安倍さんにも信念があってのことでしょう。

 後は選挙後、自衛隊の増強に踏み切って欲しいです。
posted by otoko-oya.管理人 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

民主党は壊滅でよろしく

 めざせ、自民「70」。

参院選 与党圧勝へ、自民「70」迫る 民主「20」割れ公算


 ■終盤情勢、本社・FNN合同世論調査

 産経新聞社は15日、FNN(フジニュースネットワーク)と合同で実施した電話による世論調査(12〜14日)に全国総支局の取材を加味して、21日投開票の参院選の終盤情勢を探った。自民党は70議席に迫る勢いを見せており、公明党とともに圧勝する情勢だ。一方、民主党は20議席を割る公算が大きくなっている。ただ、投票態度を決めていない有権者が一定数おり、流動的な要素もある。

 自民党は序盤戦より勢いが若干衰えているものの、野党との差は大きく、改選議席34の倍増以上となる69議席を確保しそうな情勢だ。31の改選1人区では、岩手県や沖縄県を除き他党を圧倒している。候補者を原則1人に絞った複数区は全勝する公算が大きく、2人を擁立した東京都、千葉県でも全員当選の可能性がある。比例代表は、小泉純一郎政権下で大勝した平成13年の20議席を上回る勢いを見せている。

 衆参両院で多数派が異なる「ねじれ国会」の解消は確定的な上に、自公両党ですべての常任委員長ポストを独占できる「安定多数」に必要な70議席を獲得することも確実だ。ただ、自民党が単独過半数に必要な72議席に達するかは微妙だ。

 公明党は選挙区4議席をほぼ固め、比例代表で6〜7議席を得る見通しだ。

 一方、民主党は軒並み苦戦しており、13年の26議席を下回って結党以来最低の議席数に落ち込むことが確実だ。1人区で善戦しているのは三重県のみで複数区も取りこぼしが多そうだ。

 みんなの党は神奈川県で議席を固めたほか、茨城、埼玉、愛知の3県などで競り合っており、比例代表と合わせて改選3議席の倍は確保できそうだ。日本維新の会は、大阪府や兵庫県で議席を得られそうで、比例を含め7議席に達する見込みだ。

 過去3回の参院選で選挙区議席を得ていない共産党は、選挙戦に入ってから勢いを増しており、東京都や大阪府、京都府などで議席を確保する可能性が高い。改選3議席の3倍にあたる9議席を得る勢いだ。

 ■世論調査の方法

 サンプル数は2万1593。平成24年3月末の住民基本台帳を基に選挙区ごとに満20歳以上の有権者から男女別・年代別の構成割合に応じて調査対象を算出。電話番号を無作為に発生させるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)方式で算出した回答数が得られるまで電話調査を行った。

 民主党の一人負けといったところでしょうか?

 まあ、詐欺師集団には退場してもらいましょう。
posted by otoko-oya.管理人 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。