2013年07月07日

出演拒否でいいよ

 謝罪してないって言ってるし。

自民党、TBSテレビへの出演拒否を解除 「事実上の謝罪」とはなんなのか


自民党は2013年7月5日、TBSテレビへの党役員の出演・取材に関する一時停止を解除したと発表した。

自民党は国会最終日の6月26日に放送された「NEWS23」について、「公平公正を欠く部分」があったとして、翌27日から抗議を開始したが、参院選公示日(7月4日)までに「誠意ある回答」が得られなかったとして、4日に取材などの一時停止を通告していた。
自民党「事実上の謝罪と受け止めた」

自民党は5日、公式サイトに「TBS 『NEW23』への抗議を巡る経過」(原文ママ)と題した記事を投稿。経過説明とともに、6月27日の西野智彦報道局長宛ての抗議文、28日の「NEWS23」南部雅弘プロデューサーからの回答文、29日の南部プロデューサー宛ての抗議文、7月5日の西野報道局長からの回答文を掲載した。

また5日夕方には、西野報道局長が小此木八郎筆頭副幹事長と萩生田光一総裁特別補佐を訪ね、

「ご迷惑をおかけしました」
「問責決議可決に至る過程についての説明が足りていなかった」
「民間の方のコメントが野党の立場の代弁と受け止められかねないものであった」
「今後一層様々な立場からの意見を、事実に即して、公平公正に報道して参る所存」

と説明したといい、これらの発言を受けて、

「わが党としてもそれらすべてを合わせてTBSテレビ側からの事実上の謝罪と受け止め、党役員の出演や取材に関して一時停止を解除しました」

と話している。


TBS「訂正・謝罪はしていない」

一方、6日の毎日新聞朝刊は、TBSの龍崎孝政治部長のコメントを掲載した。

「報道局長が自民党を訪問し、抗議に対し文書で回答するとともに説明したが、放送内容について訂正・謝罪はしていない」

として、「事実上の謝罪」を真っ向から否定している。自民党サイトに掲載された5日の西野報道局長の回答文も、

「弊社としましては、『問責決議可決に至る過程についての説明が足りず、また民間の方のコメントが野党の立場の代弁と受け止められかねないものだった』等と、御党より指摘を受けたことについて重く受け止めます」
「弊社としましても、今後一層様々な立場からの意見を、事実に即して、公平公正に報道して参る所存です」

などというもので、直接的な謝罪表現は使われていない。この両者、「事実上」をめぐって、まだまだ平行線をたどりそうだ。

 TBSは、「与党が出演しない選挙特番」を放送すればいいんですよ。

 スポンサーが納得するかどうかは知らん。
posted by otoko-oya.管理人 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

「2番で良いんです」って言えよ

 同じ台詞を一人区でも言って欲しい。

蓮舫氏 “2位狙い”の福岡で遊説 あのフレーズは“封印”?


 参院選の投開票を21日に控え、民主党の蓮舫幹事長代行が6日、福岡入りした。九州・山口8県で唯一の2人区の福岡選挙区は、自民現職が大きく水を空けており、2位当選を狙って民主党、共産党、日本維新の会、みんなの党の各候補がデッドヒートを繰り広げる。「仕分けの女王」として「2位じゃダメなんでしょうか!」という名セリフを残した蓮舫氏の投入はまさにベストチョイスといえるのだが…。

 「原発再稼働や憲法改正など安倍晋三首相のやりたい放題を認めるんですか?私たちにもう一度、野党としての歯止めの役割を期待していただきたい!」

 土砂降りとなった6日午後、福岡市南区の西鉄大橋駅前に現れた蓮舫氏はキビキビとした口調でこう語りかけると、約150人の聴衆は熱心に聞き入った。

 支持率低迷が続く民主党では、党執行部が応援に駆けつけても通行人に素通りされることが珍しくないだけに「女王」の人気は異例中の異例。この後、福岡市早良区の西新商店街を民主新人とともに歩いた際も、買い物客らが「あっ、蓮舫がいる」「きれい!」と殺到し、握手攻めにあった。

 ただ、「蓮舫人気」と民主党人気はどうもリンクしていない。蓮舫氏と握手した主婦(42)は「民主党は期待はずれだったけど、蓮舫さんはとても感じが良かった」。無職男性(70)は「蓮舫さんはいいんだけど、今回はやっぱり自民党かな」と語った。

 1人区では自民党が圧勝する勢いなのを受け、民主党は勝てそうな複数区を重点区として次々に党幹部を投入する方針。福岡選挙区には細野豪志幹事長が4、5両日に続き、7日も来訪。8日には海江田万里代表が県内4カ所で遊説を行う予定となっている。

 「2位狙い」なのは見え見えだが、蓮舫氏は「あのフレーズ」を封印したまま。野田氏が隣で「福岡は幸いにして2議席あるので1議席は死守したい」などと誘い水を向けても、「2位」という言葉さえ言わなかった。


 レンホーごときに騙されるなど、日本人は政治に対して素朴すぎるのだと思います。
posted by otoko-oya.管理人 at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

信念なんて無いから

 民主党は選挙互助会。

いまや散り散り…民主1年生、厳しい戦いに


 6年前の平成19年参院選では民主党が大勝、新人議員が大量に誕生した。今回改選期を迎える彼らは、まさに岐路に立たされている。当時民主党代表だった小沢一郎・生活の党代表(71)に師事する議員も多かったが、小沢氏の離党で民主が分裂し、現在の所属政党はさまざまだ。6月の東京都議選では自民、公明両党が圧勝しており、今回の参院選では厳しい戦いが予想される。

 民主は19年参院選で60議席を獲得。うち38人が新人議員だった。「政権交代を狙うために前哨戦の参院選で勝たないといけない」。6年前、小沢氏からこんな要請を受け、民主公認で長崎選挙区から立候補、初当選した大久保潔(ゆき)重(しげ)氏(47)もその一人。小沢氏の政治塾で学んだ経歴を持つが、小沢氏が昨年7月に離党した際は民主に残った。

 「自民に代わる政権を作ろうと仲間を増やしてやってきた。がんばって政権交代したのでまとまっていくべきだと思った」とその理由を語る。それでも「小沢先生は今でも政治の師であることに変わりはない」と話し、「とにかく生き残ってもう一度結集しないといけない」と力を込めた。

 23年に繰り上げ当選したはたともこ氏(46)は小沢氏と行動をともにし、生活の比例代表として立候補する。古巣の民主について「石にしがみついてでもマニフェストを実現する姿勢が必要だった」と振り返る。離党の理由も、民主政権が21年衆院選のマニフェストに明記されていない消費増税を打ち出したから。今回は「正論を一生懸命訴える」と話す。

 19年参院選の東京選挙区でトップ当選した大河原雅子氏(60)は民主の都議選惨敗のあおりを受けた。民主は都議選で2人を擁立した6選挙区のうち5選挙区で共倒れしたことを受け、大河原氏の公認を取り消し、鈴木寛氏(49)に一本化。大河原氏は無所属での立候補を決め、事実上の分裂選挙となる。

 愛媛選挙区から無所属で当選し、その後民主入りした元Jリーガーの友近聡(とし)朗(ろう)氏(38)は「人生のハーフタイム」として立候補しない。小沢氏とともに離党後、昨年12月の衆院選に日本未来の党からくら替え立候補し、敗退。現在は都内のスポーツシンクタンクで勤務している。

 政治評論家の有馬晴(はる)海(み)氏(55)は「6年前の参院選で国民は反自民で結集した野党に期待したのに、それを政権交代後、民主は裏切った。一回の失敗で『この程度だ』という烙(らく)印(いん)を押されている。民主出身の新人議員は正直言って厳しい」と指摘している。

「民主党なら当選できそう」ということで寄り集まった面々です。

「民主党では当選できない?」という状況になればバラバラになるのが当然です。
posted by otoko-oya.管理人 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。