2007年01月19日

午後部

 S子がフリースクールに通っていることは以前書きました。
http://otoko-oya.seesaa.net/article/15361942.html

 K太郎は発達遅滞ではあるものの、健常児なので毎日普通学級に通っています。

 とはいえ、嫁さんは5時頃までフリースクールの運営に関わっているので、放課後はK太郎の行き場所がありません。

 同じような状況の子供たちが増えてきたので「午後部」ができました。

 家族に障がい児のいる子供が集まってきます。施設Mのスペースを借りて、学校が終わってから夕方までを過ごすのです。


ブログランキングranQ
posted by otoko-oya.管理人 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(もう一つの学校) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

キャンプに行きました(9)

 朝食はセルフサービスでサンドイッチを作ります。

 食パンにレタスとハムを載せてマヨネーズをかけるだけの簡単なものです。

 食事が終わると撤収準備。

 それぞれ自分の荷物をテントの外に出してもらい、子供たちが散歩に出かけている間にテントを片づけます。

 テントを立てるより楽ですが、時間がないので急いで作業をしていると…

 散歩に付き添っていたお父さんが息せき切ってこちらに走ってきます。

「テントの中にサングラス吊したままだった…」

 その人のテントは、すでに収納用バッグに押し込んだ後でした…

 恐る恐るテントを開いてみると…

 レンズは割れていませんでした。(でも、フレームが少し歪んでいたような…)

 今回のキャンプ、色々ありましたが大きな事故はなく無事終了することができました。(池に落ちた子もいません。)

 機会があれば、またやりたいと思います。


ブログランキングranQ
posted by otoko-oya.管理人 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(もう一つの学校) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

キャンプに行きました(8)

 花火の後片づけをして9時に就寝です。

 S子は大変な多動なので、我が家は家族4人だけでテントに入ります。(慣れている家族でさえ落ち着いて寝ていられませんから、他の人なら寝不足間違いなしです…)

 一番注意しなければならないのは、S子がテントから脱走すること。
 
 朝、目を覚ました時に勝手に飛び出していく可能性大です。

 まず、私がテントの正面出入り口をふさぐようにして横になります。

 S子が外に出ようとすれば、私を踏んづけることになるので、嫌でも目が覚めます。

 テントの後方にも出入り口がありますが、こちらはファスナーのスライダーを一番上まで上げれば、S子が背伸びしてようやく手の届く位置になります。

 開け閉めするところを見せなければ多分大丈夫でしょう。

 遊び疲れたのでしょうか、S子もK太郎も案外早く寝付きました。

 子供が寝た親たちは、三々五々集まって飲むのが習慣となってます。

 でも、私は子供と一緒に寝入ってしまうので参加したことはありません…

 夜中の3時頃でしょうか…

 S子が何度も寝返りを打っていました。マットの上に寝袋を置いているのですが、それでも床が堅くて寝にくいようです。

 そのうち、S子は私の胸の上に頭を乗せました。すると、急に落ち着いて動かなくなりました。

 すると今度はK太郎がゴロゴロ転がりながら、私の腹に頭を乗せました…

 そして二人とも朝までスヤスヤと…

 S子が目を覚ますと大変なので、私は身動きできなくなりました…

 朝、体が痛くて困りました…


ブログランキングranQ
posted by otoko-oya.管理人 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(もう一つの学校) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。